CATEGORY

Q&A

Q.古い建物の耐震性が心配です

A. 心配な方は「新耐震」基準の物件を選ぶこと 1981年以前の基準を「旧耐震」、それ以降を「新耐震」と一般的に呼んでいます。「旧耐震」は、震度5程度の地震に耐えられることが基準でしたが、「新耐震」は震度6~7程度に耐えられるようになっています。 「旧耐震」基準でも地震に耐えるように設計されていましたが、大地震には対応していません。「新耐震」基準以降の建物は、地震に対して損傷しないことに加えて、大 […]

Q.家賃保証はいいの?

A. 家賃保証(サブリース)は安心を買うこと 家賃保証(サブリース)は安心を買うという事になりますので、いいか悪いかではなく、自分自身の投資スタイルにあうか合わないかになります。空室リスクだけでなく、家賃については延滞する人も少なからずいますので、それが嫌な方は家賃保証(サブリース)をつけておくととても安心です。 但し、人気エリアの優良物件であれば、相場に見合った家賃での募集であれば家賃保証をしな […]

Q.売買契約はどこでするのですか、その内容は?

A. 基本的には不動産屋に行き、売買契約となります。 不動産の売買は売主と買主の双方と不動産会社の三者立ち会いの元、契約書を締結することが原則です。但し場所はどこでも良い事になっています。 しかし、遠方での売買や現地での立ち会いが難しい場合もありますし、投資家の方々だと時間的な制約もあり、契約を結ぶ場所や日時については調整に時間かかることは結構あります。 また、契約を結ぶ場所によって、住宅売買のク […]

Q.エアコン・給湯器など付属設備の故障や交換の負担は?

A. 原則オーナーの負担となります。 但し、購入してからの2年間は瑕疵担保責任(売主保証)がついている場合は売主になるケースもあります。また、給湯器などはガス会社の負担で修理してもらえるケースもありますので、管理会社と相談しましょう。 一般的に入居者負担になる修繕費用は下記の通り 1. トイレの詰まり テッシュペーパー・生理用品・異物を流した場合、過失が無い場合に限り 2. 消耗品の交換 浴室・ト […]

Q.金融機関を活用して借金するのが心配です

A. 借入は良い借入れと悪い借入があります。 あくまでも不動産は資産を形成していくものですので良い借入れに当たります。 例えば、売上の減少を補うため借入は悪い借入です。人件費等や経費で苦しい場合、つまり赤字の状態での借入は、返済の目処が立たないわけですから、良い借入とは言えません。「受注が既に決まっていて数か月後には入金が見込まれる」「保証金の戻りが決まっている」など、返済の目処が明確で、急場をし […]

Q.不動産購入時にかかる諸費用の内訳を教えてください?

A. 現金購入と金融機関を活用した場合の購入で費用は変わってきます 1.現金で購入する場合 〇売買契約書印紙代 〇登記費用 〇火災 ・地震保険料 〇固定資産税・都市計画税精算金 〇管理費・修繕費精算金 〇振込手数料 2.金融機関を活用して融資を受けて購入する場合 〇売買契約書印紙代 〇金銭消黄貸借契約書印紙代 〇銀行事務手数料 〇登記費用 〇火災 ・地器保険料 〇固定資産税・都市計画税精算金 〇菅 […]