Q.古い建物の耐震性が心配です

A. 心配な方は「新耐震」基準の物件を選ぶこと

1981年以前の基準を「旧耐震」、それ以降を「新耐震」と一般的に呼んでいます。「旧耐震」は、震度5程度の地震に耐えられることが基準でしたが、「新耐震」は震度6~7程度に耐えられるようになっています。

「旧耐震」基準でも地震に耐えるように設計されていましたが、大地震には対応していません。「新耐震」基準以降の建物は、地震に対して損傷しないことに加えて、大地震に対して倒壊しないこと、地震力に対して抵抗する耐力壁が、平面的にいかにバランス良く均等配置されている等が要求されています。

つまり、建物の倒壊を回避するだけでなく、建物内の人命が重要視され、比較的よく起きる中程度の地震では軽度なひび割れ程度、まれに起きる震度6~7程度の大きな地震でも崩壊・倒壊しないことが求められているのです。

しかし、「旧耐震」は地震で倒れる可能性が高いだけで必ず倒れるわけではありません。地震のリスクを受け入れるかどうかはオーナーさん次第なのです。少しでも心配のある方は「新基準」の物件を選ぶことですね。