マンション投資のポイントはコレ!

少ない資金でスタートでき将来も安心できます!

1.入居者の賃料で資産形成をする

マンション投資の最大の魅力は、入居者が支払う賃料収入を住宅ローンの返済に充てることで、わずかな資金で安定的に資産形成ができることです

空室による家賃が入ってこないリスクについては、物件の選定と運用を間違えなければ十分にそのリスクは許容できます。どうしても空室リスクが嫌な方は、サブリース、家賃保証システムを利用することで解消できます。

複数のマンションオーナーになると、資産形成の選択肢がぐんと広がります。ローンの借り換えは今はもう一般的です。複数のローンを金利の低い銀行にまとめたり、他の物件で得た益でローンを完済して不動産を所有したり、高値で売って売却益を得たりする事もできます。

日本は長いデフレからインフレになる傾向ですので、マンション価格は将来高くなることが予想できます。持っているだけでも資産形成になる可能性も大いにあります。

2.不労所得を確保し将来に備える

これからの社会は、年金問題だけでなく、災害や疫病など不安要因が散見しています。そうした将来で収入不足にならないように準備できるのが、マンション投資です。

ローン完済後になりますが、家賃収入だけで生活する事も可能となります。つまり、不動産投資は早くからはじめた方が有利です。少ない自己資金でスタートできるマンション投資は若い方にもピッタリなんです。

3.生命保険の変わりになる

マンション投資には、生命保険と同じ効果を得られる保険があります。ローン借入時に団体信用生命保険へ加入することで、万が一ご自身に何かあった場合でも、金融機関がローンの残債を完済してくれるので、残された家族や親も安心なんです。

また、ガンや重大疾患にかかった場合に免除になる特約もつけられますし、ローンが完済になるということは、家族にはマンションの家賃、不労所得も入る事になります。これは生命保険ではありませんよね。

マンション投資

4.節税になる

マンション投資は所得税や住民税の節税にも役立ちます。投資で発生した減価償却費・ ローン金利・固定資産税などは、必要経費として認められます。マンションでの計上赤字を会社員の給与所得と合算して申告することで、節税になります。確定申告をしっかりすれば、会社にも収入増は分かる事はありません。

まとめ

今回もいかがでしたか。マンション投資にはいろいろな魅力がありますので、不動産投資としてはやはり外せないジャンルですね。