マンションは【確かな資産】?

不動産を”確かな資産”に

不動産を”確かな資産”とするためには、立地は最も大切な条件となります。エリアが東京都や各主要都市、さらに稼働率が高くなる駅徒10歩分以内の物件であれば、ほぼ“ 確かな資産 ” と言えます。

例えば、都心アクセスのよいエリアにある1,000万円以下の単身者用の中古ワンルームマンションはその代表例です。特に築10年以上の中古マンションは急激な値崩れを起こしにくいことが、過去のデータでも分かってきています。

築年数が浅い物件は、出口戦略も購入時にある程度計画できます。ライフスタイルの変化により急に資金が必要となった場合でも売却しやすく、長期的なプランが立てやすいというメリットがあります。

マンション資産

いわゆる一般的な投資もそうですが、安く買う事ことがその後の資産形成に大きく関わってきます。不動産投資も全く同じで、物件購入時でほぼ成功か失敗が決まります。初心者の方はこれから始めるわけですから、もちろん知識は少なく経験もないわけです。しかし最初の物件をうまく購入すれば、多くの物件を保有し、家賃収入だけで生計が成り立つ生活ができる大家になれるわけです。

マンション投資の場合は有力業者さんが良い物件を保有している事が多く、また豊富な専門知識を持っています。より“ 確かな資産 ” づくりしたい場合は、一貫して運用プランの提案から、契約後も物件を管理してもらえる”安心な業者さん”を見つけることも重要になります

マンション投資で収益を上げ、“ 確かな資産 ”にするためには、不動産投資に関する多様な専門知識は欠かせません。何もしないオーナーさんももちろんいらっしゃいますが、複数物件を所有する大家を目指すのであれば、やはり知識は必要です。

物件オーナーのどんな要望にもスピーディーかつこまやかに対応でき、豊富な業界経験を活かした的確なアドパイス、賃貸管理、契約手続き、税務相談をはじめとするさまざまなサービスで、オーナーをサポートしてくれる”安心な業者さん”を見つける事は物件を見つける以上に難しいことは理解しておきましょう。

“ 確かな資産 ”の例

東京都心エリアを中心とした単身者用ハイスペック築浅マンション!

このエリアは、どこへ出かけるにも アクセスが良く、通勤はもちろんグルメやショッピングなど、プライペートタイムを楽しむのにも最適です。 もちろん入居率、家賃水準とも高く、金融機関の担保評価も高いです。収益性と安定性が特徴です

マンション資産

東京都心エリアにあるファミリー向けマンション!

マンション資産

ファミリー向けは一般的に入居から退去までの期間が長い傾向があります。空室リスクが押さえられ、長期的に安定した家賃収入が期待できます。リノベーションやリフォームによって価値を大きく引き上げることができ、また一般の住居用としても売却できるメリットもあります。却益も視野に入れた運用も可能になるのがその特徴です

まとめ

 

いかがでしたか。日本の不動産は今もこれからも“ 確かな資産 ”にすることに出来る投資です。そのためには知識を高めることこれが一番重要ですので、しっかり準備して不動産投資をスタートしてくださいね。